すでに会社や年金に頼れる時代ではありません。仕事以外での収入を確立し、安心できる人生を考えましょう。

世の中ね顔かお金かなのよ

仮想通貨

【仮想通貨】 リップル

投稿日:

Pocket

リップルとは
BitCoinと同じ仮想通貨です。
通貨としての機能以上の機能を持つアルトコインと言われる仮想通貨です。

グーグルがリップルへ出資し、東京三菱UFJ銀行がリップルを使ったネットワーク利用を表明しました。
グーグルが出資するほど期待された通貨で今後も価値が安定しそうです。
また、三菱が利用表明を行うと価格が6倍近く値上がりして注目を集めました。

リップルは銀行間取引をリップルネットワークを使い、送金時間、送金コストを削減するためにネットワークを拡大しています。
世界的に大手と言われる銀行がリップルネットワークに参加するようです。
全世界に広まれば、リップルの価値も安定、上昇し投機家達も利益を得れそうです。

クロップアップ計画
リップルにはクロックアップ計画というものがあります。
クロックアップ計画とは、リップル社が保有する約600億リップルうち、その9割以上の550リップルについては売却しない。550億リップルは、55ケ月にわたって10億リップルごとに解除していく。解除してもすべてを市場に放出するわけではない。リップル社が保有することで安定し、暴落を防ぐということですね。様子をみながら少しづつ市場に出すということです。
これによりリップルの価値は安定し、大きな暴落を防ぐことができます。

しかし、大きく暴落したリップル・・・その理由は?
クロックアップ計画を使い、暴落を防ぐ取り組みをしていたリップルですが、三菱の利用表明ご50円まで上がった価格が22円まで下がりました。
その理由は、BTCの急騰だと言われています。
BTCが急騰し30万から66万まで一気に急騰しました。
それにより投資家達は「リップルよりもBTCのほうが儲かる!」と判断しリップルを売り、BTCの購入に走りました。
その結果がリップルの暴落だと言われています。
しかし、良いニュースが出るたびに少しずつ価値が上がり、安定感も増しています。
現在(2017/12/19)では1リップルあたり90.812円まで値上がりしています。
私も現在230リップルほど保有しており、今後の上昇に期待しています。
今後も悪いニュース以外での暴落や、連れ落ちした場合に保有枚数を増やそうと思います。

アルトコインとは
>アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の 暗号通貨(価値記録)の総称です。ほとんどのものはビットコインを元にしたものであり、 根本的な仕組みはビットコインと変わりません。 全世界で1,100種類以上のコインが 作成されてると言われています。代表的なアルトコインに、イーサリアム、ライトコイン、 日本発祥のモナーコインなどがあります。

スポンサーサイト


-仮想通貨

Copyright© 世の中ね顔かお金かなのよ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.