すでに会社や年金に頼れる時代ではありません。仕事以外での収入を確立し、安心できる人生を考えましょう。

世の中ね顔かお金かなのよ

ハローワーク 国から受けられる補助金 失業手当

[国から受けられる補助金] 知らないと損をする、失業手当の申請方法と金額

投稿日:

Pocket

どうもー、希輝です。
今回は「国から受けられる補助金」ということで、失業手当について書きます。
既に知っておられる方や、申請した人は問題なくできたと思います。
私の周りでも申請していなかったりする人がいるので、よく相談を受けたりします。
難しいことはありませんので、失業した場合には申請しましょう。

失業手当を受けられる人
失業手当は誰でも受け取れるわけではありません。
受け取るには条件があるので、自分が条件にあっているか必ず確認してから申請を行う様にしましょう。

失業手当をもらう条件
①離職の日以前の2年間に雇用保険に加入していた期間が満12ヶ月以上であること。
②離職日からさかのぼって1ヶ月ごとに区切った期間に、賃金の支払いの基礎となった日数が11日以上ある月が12ヶ月以上あること。

小難しいことが書いてありますが、簡単にいうと12ヶ月以上働いている人限定ってことです。
難しくはありません。

例外もあります。

【離職理由が、会社都合等の場合】
①離職の日以前1年間に雇用保険に加入していた期間が満6ヶ月以上であること。
②離職日からさかのぼって1ヶ月ごとに区切った期間に、賃金の支払いの基礎となった日数が11日以上ある月が6ヶ月以上あること。

会社都合で退職になった場合は6ヶ月以上に場合になります。
ほとんど当てはまることはありませんが、会社が倒産したり、こちらに非がなく解雇になった場合などが該当します。

失業手当の申請方法
失業手当を申請する場所はハローワークです。
市役所ではないので間違えない様にしましょう。

必要書類
まず、会社を離職する前に、書類などは会社に申請しておきましょう。

必要書類は
①雇用保険被保険者証
②離職証明書

です。
会社から郵送されますが、稀に会社へ取りに行く場合があります。
会社から離職票が交付されない場合はハローワークへ問い合わせてください。

次にハローワークへ「求職の申し込み」を行います。
この時に「離職票」を提出してください。
この後、1週間の待機期間を経たのちに求職申請が完了します。
1週間経ってから日にちを数えます。

ハローワークから「雇用保険受給資格者証」、「失業認定申告書」を頂けます。
第1回目の失業認定日を教えていただけます。
原則として4週間に1度失業の認定を行います。
「失業認定申告書」に求職活動の状況等を記入し、「雇用保険受給資格者証」とともに提出します。
失業の認定を行ってから5日前後で振り込まれます。

失業手当の計算方法
失業手当の金額は、人によりそれぞれ違います。

計算方法は
①賃金日額=退職前6ヶ月間の給料の合計(ボーナスは除く)を180で割った額
②基本手当日額=この賃金日額の60~80%(高齢者で収入の多い人の場合は50%の場合もある)
③もらえる基本手当ての総額=賃金日額×所定給付日数

難しそうな計算が必要の様にも思えますが、簡単にいうと「会社でもらっていた給料を1日当たりの平均額に換算して、その6~8割」ということです。

失業手当をより多くもらう方法
失業手当は失業した日から180日前までの給料の5割を支給してもらえます。
そのため、やめる前180日間は目一杯残業や休出を行いましょう
その180日間の平均賃金が支給されます。
個人で残業を決めれないことがほとんどだと思います。
できる限り180日間が繁忙期になる様に調整し離職すれば支給額が増えるでしょう。

失業手当をもらえる日数
失業手当をもらえる日数は原則90日と考えましょう。
年齢や就業年数でも変わります。
会社都合や倒産、10年以上の就業をしている方は日数が変わるので、自分の状況に合わせて確認しましょう。

まとめ
以上が失業手当の申請方法、計算方法です。
1週間の待機期間があったり、会社への申請、4週間毎の失業認定など、面倒なことはありますが、すぐに仕事が決まっている状況以外では申請する方が良いでしょう。
途中で就職できた場合は、「再就職手当」が受け取れる様になるので、1週間の排気期間以後に就職する場合は申請した方が特になることが多いです。
自分の状況にあった選択を心がけましょう。

スポンサーサイト


-ハローワーク, 国から受けられる補助金, 失業手当

Copyright© 世の中ね顔かお金かなのよ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.