すでに会社や年金に頼れる時代ではありません。仕事以外での収入を確立し、安心できる人生を考えましょう。

世の中ね顔かお金かなのよ

ウィッチ シャドウバース ドラゴン ローテーション ロイヤル

[シャドウバース] ALTローテーション杯で5連勝できるデッキ予想とデッキ構築 3月3日〜

更新日:

Pocket

どうもー、希輝です。
本日3月3日、15:00からALTローテーション杯が始まりました。
私自身1回目の挑戦を行いましたが、2勝でした・・・。
まだまだ本気ではありませんよw
私の今回の5連勝できるデッキ予想と構築を載せます。
何か質問や、より良い構築があればコメントをお願いします。

ALTで5連勝できるデッキ

①サタンドラゴン
②リーシェナネメシス
③ミッドレンジロイヤル
上記3デッキが5連勝にもっとも近いデッキです。
まずはサタンドラゴンから

①サタンドラゴン

託宣、アイラ、ロイ、アンネローゼでPPブーストを行い、最速でサタンを目指すデッキです。
最短で5ターン目にサタンが出せます。
毎回最速で出すのは難しいですが、6ターン目に出せればかなりの高確率で勝てるようになります。
それだけ強いカードです。
ほとんど全デッキの頂点に立っているようなデッキなので、やりたいことをやっていれば勝てることが多いです。
先行の場合のブン回りは理不尽極まりない動きで、相手は対策が整う前に諦めてしまうことも多々あります。
初手のマリガン
先行時は託宣、ロイを目指してマリガンを行います。
後攻時は託宣、アイラ、アンネローゼを目指してマリガンを行いましょう。
対策
このデッキにの対する対策です。
出てくる前に倒すことはほぼ不可能で、相手の方が早く立ち回れることがほとんどです。
まずは、サタンが出てくるであろう前のターンには全カードを除去しておきます。
そして必殺持ちを置いて終了します。
相手はサタンを出してきても必殺持ちのカードで簡単に潰せるので、こちらは5〜6PPをフルに使ってコキュートスカードの対策ができます。
サタンを5〜6PP使って処理してしまうとコキュートスカードに対して無防備になってしまうのでうまく立ち回りましょう。
ドラゴン:伊達政宗
ウィッチ:ハンマーソーサラー
ネメシス:リーシェナ
で対策はできるので、出すタイミングを今一度考えてみましょう。

②リーシェナネメシス

今回のアディショナルカードの追加でさらに使用者が増えたリーシェナネメシス。
今までの白黒アーティファクトだと、黒アーティファクトと潰されるとほとんど勝てませんでした。
また、ダメージ軽減系のカードを使用されることで一気にリーサルまでの時間が長引きます。
今回追加されたメイシアのおかげで、白黒アーティファクト以外の勝ち筋が自然にデッキに入るようになりました。
さらにメイシアはドロー効果を持っているので、事故率を下げてくれます。
初手のマリガン
先行時は発明家orリーシェナを目指しましょう。まずはリーシェナがないと相手にメイシアの対策をされるだけになってしまうので、相手のリソースを割き、こちらのペースに引き込みましょう。
後攻時はリーシェナ、発明家、愉悦を目指しましょう。相手のフォロワーをしっかり処理していきこちらがリーシェナを出しやす状況を作らなければいけません。後攻なのでブン回りするか、相手のペースに飲まれないように心がけましょう。
また、出来るだけ早く勝利するプランとしてメイシア、破壊の使徒を7ターン目にプレイし、8ターン目にメイシア→メイシア進化→粛清の一刀でリーサルを狙うプランもあります。このプランには序盤から相手にダメージを与えるか、破壊されるカードを増やす必要があります。若干立ち回りは難しいですが、早めの決戦に持ち込めるので、先行、後攻の有利をひっくり返せます。
対策
リーシェナプランに対する対策は、ほぼ「消滅」しかありません。
ドラゴン:コキュートスカードで対策するには遅い場合があるのと、サタンを出した後に引かなければならないので運ゲー感が増します。構築段階からしっかり対策を行いましょう。私のオススメは堕天です。ネメシスと当たる率にもよりますが、1〜2枚いれておけばなんとかなるでしょう。
ネメシス:正直難しいです。先に出すか、堕天を入れるしかないでしょう。正直このミラーが一番難しい気がします。
ロイヤル:自然にデッキに入っているワルツで黒アーティファクトを除外しましょう。破壊の使徒で複製された場合は、結構無理ゲーです。
メイシアプランに対する対策は、「守護」です。守護で相手の疾走を止めるか、虚数物体のようにダメージを軽減するカードで動きを封じましょう。
ドラゴン:守護は入っていない場合が多く、コキュートスカードで対策するしかありません。構築を少し触り、守護を入れることもいいですが、此れと言っていい守護が居ませんね。今回のミノタウルスとか・・・??
ネメシス:虚数物体を使って防ぎましょう。上記にも書いた黒アーティファクトに対する回答にもなるのでオススメです。しかし、ターン制限があるため早く出しすぎると期限が切れてから疾走される場合があるので要注意です。
ロイヤル:やられる前にやれ!と、言いたいところですが、疾走カードも多いので、盤面の処理と守護を立ててプレッシャーを与え続けましょう。横並びがしやすいので処理に手間を取らせることができれば勝てる可能性が高まります。問題はメネシス+破壊の使徒プランです。相手8PP時には相手盤面を空にし、守護を立てるところまで要求されるのでかなり難しいです。さらに相手に人形が少ないことが前提とか・・・

③ロイヤル

私自身あまり使うことのないロイヤル。使ってみると案外考えることも多く扱いの難しいデッキでした。
今回のアディショナルカードでディオネが追加され横焼きが容易になりました。
しかし、現環境では横焼きが必要とされるデッキは少なく、アグロビショップくらいかと・・・
若干数いるマナリアにも使えますが、今試合ではあまり見かけることもないでしょう。
初手のマリガン
先行時はマナカーブを意識し、積極的に相手の顔面へと攻撃を行いましょう。相手が盤面処理に手こずるくらいが理想です。
後攻時は相手盤面の処理を意識して行動します。蛇剣やディオネをキープし2ターン目から除去を行えるようにします。ライフ計算も重要で、お互いのリーサルプランを考えながら受けれるダメージはリーダーで受ける方がいい時も出てきます。
対策
ドラゴン:ドラゴンがロイヤルを対策することはあまりありません。それよりもサタンを出来るだけ早く出した方が得策でしょう。あえて言うなら、ドロソは温存しコキュートスカードの全体除去を弾けるようにする方がいいでしょう。
ネメシス:人形の存在で処理は簡単です。しかし、相手の疾走を受けきることは難しいでの、白アーティファクトを早めに出す意識が必要です。ロイヤルからすれば2点の回復はとても大きいです。
ウィッチ:マナリアデッキの場合は守護をどれだけ立てられるかが重要です。グレア、ミラ、ティコなどを優先して場に出し守護を立てれるようにしておきましょう。

まとめ

今回のローテーション杯は流行りのデッキがサタンドラゴンとリーシェナネメシスでこの両方に対策が取れるデッキが勝ちやすいです。
そのデッキがサタンドラゴンとリーシェナネメシスなんですが・・・w
共に事故率も低く、立て直しもしやすいデッキなので他のデッキは対策を入れて戦うしかありません。
その中で相手が事故ってくれればいいなぁーって感じです。
私の好きなウィッチは、無難に戦えそうなデッキですが、5連勝できるデッキではないので使用は控えます。

スポンサーサイト


-ウィッチ, シャドウバース, ドラゴン, ローテーション, ロイヤル
-

Copyright© 世の中ね顔かお金かなのよ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.