すでに会社や年金に頼れる時代ではありません。仕事以外での収入を確立し、安心できる人生を考えましょう。

世の中ね顔かお金かなのよ

仮想通貨

【仮想通貨】 POE(Po.et/ポーエット)

投稿日:

Pocket



仮想通貨POE(Po.et/ポーエット)とは?

今回ご紹介する仮想通貨POE(Po.et/ポーエット)は、世界のデジタルクリエイティブ資産の「所有権」と「帰属」を追跡するために設計された、共有されたユニバーサル元帳です。
ちょっと日本語にすると分かりにくいですが、POE(Po.et/ポーエット)は、オンライン上でクリエイターが作品を公開することを容易にするための仮想通貨であると考えてもらえば分かりやすいかと思います。
仮想通貨といえば、どうしてもお金というイメージが付きまといますが、POE(Po.et/ポーエット)もそうであるように、ブロックチェーン技術を活用することにより、物事を円滑にする側面もあるのです。
POE(Po.et/ポーエット)でできることは、以下の3点です。

コンテンツの所有
作品に不変のタイムスタンプの付いたタイトルを生成し、「Po.etネットワーク」に登録します。ブロックチェーンによって分散され、保護されているため、メタデータ属性は安全で、検証可能で不変になっている点が魅力です。

ライセンスの作成と発行
POE(Po.et/ポーエット)は暗号を使用して、パブリッシャーとコンテンツクリエイターの双方に、第三者に頼らずにライセンスプロセスを自動化するツールを提供します。

オープンネットワーク
POE(Po.et/ポーエット)は、常に第三者によって管理されていたスペースにオープンなネットワークを提供することで、クリエイターと出版社の間に橋渡しをしています。利用者は、システムによって承認された新しいコンテンツの発見または真偽の検証を容易に行うことができます。

仮想通貨POE(Po.et/ポーエット)が買えるのはBinance(バイナンス)

将来性ある仮想通貨POE(Po.et/ポーエット)が買えるのは、中華系取引所「Binance(バイナンス)」です。
XRP(リップル)にも対応しているので、利用する場合はXRP(リップル)で送金し、ビットコインへと交換、その上でPOE(Po.et/ポーエット)を買うと良いでしょう!

スポンサーサイト


-仮想通貨

Copyright© 世の中ね顔かお金かなのよ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.